バストアップと大豆イソフラボン

ダイエットだけでなく脱毛肌にも良いとして知られている大豆ですが、実はバストアップにも非常に有効であることが解っています。大豆などに含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンはバストの皮下脂肪を増やしてくれたり、コラーゲンの生成を助けてくれる働きがあります。
またバストパップだけでなく、乳癌や前立腺癌の予防、また骨粗鬆症や動脈硬化、更年期障害にも良い効果があると言われているので、バストアップをしながら健康を維持できる優れた食品なのです。
大豆イソフラボンを含む主な食品としては、大豆や納豆、豆腐、枝豆、豆乳など普通に手に入るものばかりです。大豆イソフラボンの1日の摂取の目安量は70〜75mgとなっています。豆腐1丁か豆乳などであれば200mlが相当します。しかし気をつけなければいけないのは、大豆イソフラボンは過剰に摂取をしすぎてしまうと、エストロゲンが分泌しすぎてしまい、生理不順や不正出になりやすくなり、乳癌や子宮癌のリスクが高くなるという説もあります。毎日摂取するのはバストアップにも効果があることですが、取り過ぎてしまうと健康を害してしまうのでちゅういをする必要があります。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です