ブサイクでも出会い系でアドレス・番号を交換する方法

会ってからメルアド交換? 交換してから会う?

婚活で、気になる異性をプロフィールから見つけたり、もしくは、婚活パーティーで出会ったりしたなど、よさそうな人がいたとき、やはり一歩前進のバロメーターとなるのがメールアドレスや電話番号の交換ですよね。

婚活パーティーであった場合は、必然的に、出会ってから、連絡先の交換ということになりますが、それはいいとして迷うのは、アドレスや携帯番号交換してから会うか、もしくは、会ってから気に入ればアドレスや番号交換するか、というもの。

これらは、人によって、どちらが先になるかというのが違うようです。

まずは、メルアドや電話番号などを交換しコミュニケーションをある程度とってから、会う約束をして実際にやってみるというタイプ。一見この方が順当のように思えますよね。

確かに実際に会う方が、メルアドを交換するには心理的ハードルが低いのかもしれません。
しかし、逆に、会ってから気に入れば、メルアド交換や、電話番号を交換するということも多いようです。
このような方は、メルアドを交換すると後々まで連絡が取れてしまうので会うよりもリスクが高いと思ってることが多いよう。

また、会うこと自体にはそれほど心理的ハードルを感じていない、という方も、相対的にアドレス交換の方がハードルの高い行為のように思われているのかもしれません。

メルアド交換、番号交換までこぎつける方法

ともかく脱毛ミュゼプラチナム 1つのハードルとなるのはメルアド交換や番号の交換。
これが成功すれば、このあとも連絡をとって、交際への第一歩を踏み出すという指標になりますので、これは、かなり男女共に意識するステップのはず。

でも、ではみなさんいったいどんな方法で、メルアド交換をしているのかというと、「いろんな人のアドレスを行くのが好きだから」や「メルアド教えてよ、こんど晩御飯でも行こう」と、もっともらしい理由をつけてアドレスを聞き出すというのにみなさんひと苦労しているようです。

実は、最もうまくいく方法は、特に言い訳せず、「アドレスを教えてください」という方法です。

何か一言添えるのであれば、友達になりたい、とかそういった抽象的な言い方のほうが、逆に、特に男性から女性にアドレス交換を持ちかける場合は有効のようです。

どのみち、アドレス交換というのがのちのちの交際の可能性を意識しているというのは、男女共に分かっていることですし、なかば儀式化している行為なので、あとはそれでどこまで爽やかさや、誠実さを出せるかというのが大事なのかもしれません。

メールの頻度は愛情のバロメーターではない

ただ、特に女性の方は、メルアドを交換した相手がなかなかメールでの雑談に乗ってこないので、「自分に興味がないのではないか」と勘違いするパターン。

特に男性は、メールは簡潔に、用件のみを伝えるものと思っており、雑談のツールとして使わない人も多いので、メールに相手が乗ってこないからすなわち自分に興味はない、と考えるのは早計かもしれません。

それよりもやはり自分と実際会ってみて「相手は楽しそうかどうか」を、判断する方が良いでしょう。

また、とくに女性は、あくまでもメールは連絡手段と割り切って使う男性が多いのも、忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です