自信は後々に身につくもの

逆援助の関係を希望する女性というのは、自信満々であり、プライドが高いケースがほとんどです。
自身が仕事をバリバリとしていたり、女社長なんて立場の女性である場合ももちろん、セレブ妻という立場の女性であったとしても、成功者の配偶者として数多くの女性の中から選ばれたという自負があるのです。
好みのタイプというのは、早々変わるものではありません。
ですから、本当に自分なんかで良いのかという自分に自信のないようなタイプの男性は、成功者の嫁には好まれるはずもないのです。
■自信がないのは当然
こういった自信満々な人間を目の前にすると、いくらそれまで根拠のない自信を持っていた人間でも、本当に自分で大丈夫なのか。
自分なんかでハイステータスな人間のパートナーを満足させることが出来るのかという不安にかられるものでしょう。
これは当然の心理といっても過言ではないのです。
そもそも住む世界の違っている人間なわけですから、様々な不安を感じるのは仕方のないことかもしれません。
卑屈になってしまうことも珍しいことではないでしょう。
これは、何度も経験をして慣れていくほかないのです。
しかしながら通話できて料金も安い格安simは根拠がなかったとしても、全く自信のない状態で逆援助の関係を希望しているようなプライドの高い女性にアプローチを掛けるのは辞めておきましょう。
■一度成功させてしまえばいい
自信を持ち、対等のコミュニケーションを取るためには、一度でも成功させてしまえばいいのです。
相手が熟女の肉団子のような醜い女性でも構いません。
素人童貞が正真正銘の童貞を捨てた時、自信を持って女性と接することが出来るように。
真性童貞が風俗嬢とのセックスを経験して、根拠のない自信を持ち、そこから素人女性でも積極的にアプローチすることが出来るように。
とにかく逆援助という関係を成就することが出来たという実績を作ることが出来れば、その後はトントン拍子でこれ以上もないセレブ妻などをモノにすることが出来るでしょう。
自信は後からついてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です